カワサキ ポリス ラバーズサイト タイトル300

2007年アメリカンカーフェスティバルin舞洲


参加者:EQUA(ポリス1000)・ちびシンディー(バン)・SAKAI−ONEさん(シカゴカプリス)・
RIKIMONさん(CHPクラウンビック)・TrafficOfficerさん(Aカー)・
レスキューしんくん(1150RT−P)・oh−masaさん(1100RT−P)・
BMWERSさん(一般客&即席撮影班)



EQUA:「さて、今年も行って参りました。」

ハニー:「行ってきたか。」

EQUA:「疲れました。非常に疲れました。」

ハニー:「無理して制服着るからだ。」

EQUA:「とりあえずレポートいきましょう!」



EQUA:「朝早くからの集合で、完全に目覚めてないながらも準備にいそしむメンバーです。」

ハニー:「今年も呼んで貰えたんだな。」

EQUA:「何とか。」



EQUA:「一昨年と同じ場所で展示しました。」

ハニー:「割と目立つ位置だな。」



EQUA:「撮影班のちびシンディーです。」

ハニー:「しっかり撮れよ。構図が大事だぞ。」



EQUA:「CAR−BOXさんのブースです。」

ハニー:「ドラッグレーサーのエンジンは凄いな。」

EQUA:「何かにょ〜んってはみ出てますよね。」



EQUA:「無理言ってお姉さん達と写真を撮るレスしんです。」

ハニー:「後で十分時間をくれるのに待てないんだな。」



EQUA:「朝一の集合写真です。レスしんお仕置きです。」

ハニー:「oh−masaさんは、まだ錯乱していないな。」

EQUA:「この時点では、まだ理性が90%以上働いています。」



ハニー:「RIKIMONさん何のポーズだ?」

EQUA:「さ〜?でもドラッグレーサーとマッチしてますよ。」

ハニー:「誰かのタマタマを触るポーズだ。」



ハニー:「おっ!決まってるじゃん!」

EQUA:「せっかくですからちゃんとしたのも撮っておかないと。」

ハニー:「真剣だな。仕事の時以上に真剣なのでは?」



EQUA:「こちらも真剣そのものです。」

ハニー:「命懸けてるな。」



ハニー:「良いシチュエーションだな。」

EQUA:「痴話げんかですね。」



EQUA:「さて、開会式です。CAR−BOX Sakky’sギャルです。」

ハニー:「ん〜セクシ〜!」



EQUA:「その他のギャルです。」

ハニー:「今回は来なかったのか?」

EQUA:「えっ?誰がですか?」

ハニー:「規格外のギャルだ。」

EQUA:「来ませんでしたね。去年のレポートでひどい事言ったからでしょう。」

ハニー:「見たのかな?ツーリングレポート。」

EQUA:「完全に見てますね。mixiでマイミク申請しても無視られてますからね。」

ハニー:「OH MY GOT!せっかくファンクラブを作ろうと思ったのに。」

EQUA:「あれだけ書いておいて何を言うか。」

ハニー:「全国ミーティングにPLuSギャルとして来て貰おうかと思ったのに。」

EQUA:「絶対来ないですよ。」



EQUA:「ステージからの帰りに、気になる一台を収めました。」

ハニー:「新型マスタングは、格好いいよな。」

EQUA:「でもやっぱり私は、旧車の方が良いです。」



EQUA:「ギャルの撮影がCAR−BOXブース内で始まりました。」

ハニー:「今年のカメラ小僧は、マナーが悪かったと言ってたな。」

EQUA:「これだけ暑いとナチュラルに暴走しますよ。」



ハニー:「何だ?」

EQUA:「ダブです。DOVEとDUBをかけてます。」

ハニー:「誰のアイディアだ?」

EQUA:「もちろんレスシンです。」

ハニー:「ヤツには今度会った時、きっちり言い聞かせないといけないな。」



EQUA:「さて、先導の打合せですが、バッヂを付けるのに必死で何も聞いてませんでした。」

ハニー:「いつも大して聞いてないじゃん。」



ハニー:「ギトレア部長乗りだな。」

EQUA:「バックミラーを見ていたら、そんな風になってしまいました。」



EQUA:「先導が始まります。」



EQUA:「ここね、サイレン鳴らしてるんだけど、滅茶苦茶うるさいんです。
後ろ2台のサイレンの音がモロに聞こえてくるので、
鼓膜ではなくて脳みそに振動が届いて来るんですよ。」

ハニー:「耳栓しろ。」

EQUA:「脳みそに直接届いてるんだから、耳栓しても無駄でしょ。」

ハニー:「ドクターレクター呼べ。」

EQUA:「食べられるほど脳みそ無いですよ。」



ハニー:「お尻がいっぱい。」

EQUA:「荷台になりたいと思った人、もっと人生について深く考えましょう。
一緒に乗りたいと思った人、性同一性障害の疑いがあります。」

ハニー:「お尻に釘付けの人、oh−masaさんです。」



EQUA:「毎度おなじみモンスタートラックです。」

ハニー:「古いトラックを使ってるところが良いよな。」

EQUA:「誰が考えたのでしょうね?」

ハニー:「色々考える人はいるさ。」



ハニー:「おいおい、これは2度目の走行だろ。
初回走行を撮影しろよな。」


EQUA:「ちびシンディーに言っておきます。」



EQUA:「スピーカーマイクとして私は観衆の前へ。」

ハニー:「醜い体を嫌と言うほど見られたのだな。」

EQUA:「晒し者ですよ。」

ハニー:「ちゃんと絞っておかないと。」



ハニー:「コルベット!格好いいな〜。」

EQUA:「やはりスティングレイが一番格好いいですね。」



EQUA:「Sakkyさんのカマロです。」



ハニー:「今年もまともに走れなかったな。」

EQUA:「残念ですね。」



ハニー:「まだ晒し続けているのか。」

EQUA:「早く戻りたいと思いながら、時が経つのを待っていました。」



EQUA:「TrafficOfficerさんのAカーです。」

ハニー:「新車だ。ビニール破らせて。」



EQUA:「舞洲初参加のoh−masaさんのRT−Pです。」

ハニー:「ご主人様の錯乱ぶりに戸惑ってるな。」



EQUA:「ギャルに対抗して乗ってみました。」

ハニー:「oh−masaさんの理性は、ほとんど無くなってるな。」



ハニー:「だれてるな。」

EQUA:「だれてますね。朝早かったのでお疲れモードです。」



EQUA:「と、思ったのですが、ギャルが来たとたんにレスシン復活+パワー全開です。」

ハニー:「早っ!」



ハニー:「RIKIMONさんもパワー全開だな。」

EQUA:「ここまで自分をさらけ出されると、天晴れとしか言いようがないですよね。」



EQUA:「このようにギャルを撮影出来ます。」

ハニー:「妙に距離を置いてるのは何故だ?」

EQUA:「さぁ〜?」



ハニー:「この人は、なんと言ったらいいのか・・・。」

EQUA:「天晴れです。」



EQUA:「教授による撮影です。」

ハニー:「羨ましい。」



EQUA:「ギャルに負けじとセクシーポーズ!」

ハニー:「汚らしい。」

EQUA:「しかし、何人かのカメラ小僧が我々を写してましたよ。」

ハニー:「嫌〜〜〜っ!」

EQUA:「ファンが付きますかね?」

ハニー:「付いて嬉しいのか?」



EQUA:「ベリーダンスです。」

ハニー:「ベリーダンスと言うのか。一番前の姉ちゃんは、色っぽい表情で踊っていたな。」

EQUA:「前がベテラン、後ろは初心者ですね。」

ハニー:「動きも表情も違うね。」

EQUA:「でも一番後ろの子がお気に入りです。」



EQUA:「ベリーダンスに対抗して、ビリーダンスの披露です。」

ハニー:「ブートキャンプはこの為だけだったのか・・・。」

EQUA:「ここらでoh−masaさんは、完全に錯乱してます。」

ハニー:「コメディー課に強力メンバーが加わったな。」



ハニー:「で、誰がお気に入りだって?」

EQUA:「一番右ののほほんとしたお姉さん。」

ハニー:「確かにのほほんとしてるな。」



EQUA:「ベリーダンスポーズで撮影しました。」

ハニー:「チョット受けてるけど、それでいいのか?」



EQUA:「ギャル達の休憩のひととき。」

ハニー:「ローアングルで撮影するマナー違反者が多いとお疲れだろうな。」



ハニー:「その貴重な休憩時間を邪魔するか?」

EQUA:「邪魔するつもりはなかったんですが・・・。」

ハニー:「oh−masaさん、本能だけで動いてるぞ。」



ハニー:「ベリーダンスのお姉さんの休憩も邪魔したな!」

EQUA:「いや〜、椅子が余っていたので、つい・・・。」

ハニー:「椅子が余っていたのは、ポリスカーメンバーの休憩テントの方だろっ!
そこから持っていって強引に入り込んだんだろっ!」


EQUA:「そうでしたっけ?」



EQUA:「オフィサー達の休憩です。」

ハニー:「大人しいな。」

EQUA:「休憩ですから。」



EQUA:「さて、午後の出番です。」

ハニー:「慌ただしいな。」



EQUA:「最終打合せ中。」

ハニー:「真剣だな。」

EQUA:「いつも真剣です。」



EQUA:「ポリスカーです。」

ハニー:「どうせなら、ポルシェかランボルギーニがあれば盛り上がるのにな。」

EQUA:「そんな物買えないですし、買ったとしてもポリスカーにする勇気はないでしょう。」



EQUA:「タイヤの大きさが分かるショットですね。」

ハニー:「大きいよな。」



ハニー:「こういうイベントは、ギャルがいなかったら成り立たないな。」

EQUA:「盛り上がらないと言うより、成り立たないですか。」

ハニー:「ギャルがいなかったら、客は5割くらい減るんじゃないか?」

EQUA:「そうですね。こちらも2・3人しか参加しないかも。」



ハニー:「お〜!雄叫びを上げてるぞ!」

EQUA:「凄く跳ね上がりますね。」



EQUA:「今回は、かなり観客寄りに流れてしまいましたね。」

ハニー:「コントロールが難しいだろうな。」



EQUA:「ギャル達との撮影時間を頂きました。」

ハニー:「いいな〜。」



EQUA:「オーナー達は、それぞれ自分のカメラに収めてましたね。」

ハニー:「それで車にはいないのか。」

EQUA:「ギャルと一緒に写せば良いのですが、それぞれギャルが付いたら、
写真を撮る人はオーナーしか居なくなるんですよね。」

ハニー:「なるほど。ちびシンディーに頼めば良かったのに。」

EQUA:「思考回路がエロ方面にしか流れてないから、そんな考えは浮かばなかったのでしょう。」

ハニー:「そうか。余裕なしか。」



ハニー:「こちらも同じく余裕なしだな。」

EQUA:「ちびシンディー曰く、一番色々なポーズを要求していたらしいですよ。」

ハニー:「なるほど。人の行動心理から解析すると、ベット上でも同じ事をやるよな。」

EQUA:「レスしんに聞いてみましょう!」



ハニー:「そのレスしんだが、何で倒れているんだ?」

EQUA:「SAKAI−ONEさんのカプリスが、ヒューズボックス内接触不良で
ファンが回らずオーバーヒートしてクーラントを吹いたので、事故現場っぽくしています。」

ハニー:「そんなことしている場合じゃないぞ。」



EQUA:「集合写真です。ここは、BMWERSさんに写して貰いました。」



EQUA:「恒例のジャンプです。」

ハニー:「ギャルも飛んでるぞ。」

EQUA:「貴重な画像ですね。」



EQUA:「Sakkyさん達と集合写真です。」

ハニー:「毎度毎度変態集団を呼んで頂いてありがとうございます。」

EQUA:「ちょっと今回は、変態集団と言われても言い返せないですね。」



EQUA:「恒例のジャンプです。」

ハニー:「またやるか?」

EQUA:「RIKIMONさん高いですね。」

ハニー:「これに懸けてるな。」



EQUA:「ベリーダンスのお姉さんです。
これは、私が右側でお姉さんのカメラで撮影しています。」



ハニー:「あっ、こいつ二人で撮ってやがる。」

EQUA:「のほほんお姉さんと撮りました。」

ハニー:「いやらしいな。」

EQUA:「お気に入りですから。」



EQUA:「さて、イベントも終了し、片づけです。」

ハニー:「後ろの車がいなければ良い感じ。」



EQUA:「これがね、もう少し左に向けて撮っておけば最高だったのに。」

ハニー:「あ〜、悔やまれるね〜、これは。」

EQUA:「動いていましたからね、しょうがない。惜しいな〜。」



EQUA:「片づけも終わり、踏み潰された車両の廻りで撮影会です。」

ハニー:「相変わらず見事な潰しっぷりだ。」



EQUA:「メンバー集合写真です。」

ハニー:「暗い。」



EQUA:「毎度お馴染みハードロックカフェで夕食です。」

ハニー:「ちびシンディーの腕に錨の入れ墨しておけば良かったのに。」

EQUA:「レスキューしんくん・TrafficOfficerさん・oh−masaさんは、
イベント終了後すぐに帰路につきました。」

ハニー:「お疲れ様。」

EQUA:「今回も懲りずに呼んで頂いたSakkyさん、
CAR−BOXの方々、ありがとうございました。
そして、参加頂いた皆さん、お疲れ様でした。」








EQUA:「今回は、割と大人しいと思われた方もいらっしゃると思いますが・・・。」

ハニー:「そんな訳がない。今年は、ちょっと悪のりしすぎだ。」

EQUA:「悪のりしすぎましたね〜。」

ハニー:「悪のりした上に撮影枚数が多かったから、選定作業に手間取ったな。」

EQUA:「本編に載せるには無理な画像が沢山あります。」

ハニー:「そんな画像を見たいという方達のために、特典レポート!」

EQUA:「と言うわけで、行ってみましょう!」

ハニー:「NG集だっ!」

2007年アメリカンカーフェスティバルin舞洲
NG集




カワサキ ポリス ラバーズサイト